医局紹介 | 手外科グループ

トップ > 医局紹介 > グループ紹介 > 手外科グループ

グループ紹介

手外科グループ

手や指は、骨・関節・腱・神経や血管などいろいろな組織が狭い範囲の中で複雑な構造をなしています。そのため、手の怪我や疾患の治療には専門の知識や技術が必要になります。

上肢の外傷や疾患の治療を担当する医学分野を『手外科』と呼びます。日本手外科学会認定手外科専門医が中心になって治療を担当しており、また同制度による認定研修施設として申請中です。 手外科グループでは、手根管症候群や肘部管症候群などの末梢神経障害、関節リウマチによる手関節や手指の障害、上肢の先天異常や腫瘍など、上肢の多岐にわたる疾患の治療を担当しています。手指の良性骨腫瘍に対しては、内視鏡を応用した最小侵襲手術を開発し、外来手術を行っています。

また、悪性腫瘍の切除後や重度外傷のために四肢や体幹に広範な組織欠損を生じた症例では、直径が1mm程度の細い血管を顕微鏡下に吻合する技術を応用した遊離複合組織移植術による機能再建手術を担当しています。

基礎研究としては、爪や末梢神経の再生医療や、皮弁に関する研究などを進めています。

図1 手指の良性骨腫瘍の鏡視下手術
図2 母指多指症の治療
図3 失った母指の機能再建(足の親指から骨・爪・皮膚を含む複合組織を栄養血管付きで移植して手の親指を作りました。)